ダイエット効果があるといわれている青汁ですが、その成分から痩せる理由を検証してみましょう。この記事を読んだ皆さんは青汁を選ぶ前に青汁の成分表をチェックして、よりよい青汁を選ぶことができるようになっているはずです。

青汁の痩せる成分を徹底分析!

青汁にはいろいろな成分が入っており、その種類もメーカーによって違います。それでは青汁に含まれているどの成分が痩せる成分なのでしょうか?

青汁のダイエット効果とは?

まず青汁を飲むことによってどのようなダイエット効果があるのかを調べてみましょう。

低カロリーで必要な栄養素を摂取

青汁は低カロリーですが、1日に必要な多くの栄養素が豊富に含まれています。食事の前に青汁を飲むと、満腹感により食事の量を制限することができるうえに、青汁によってしっかりと栄養素がとれていますので健康的に痩せることができます。

体調を整え代謝をアップ

青汁に含まれているビタミンや食物繊維は体調を整え代謝をアップする働きがあります。これによって脂肪が燃焼されやすくなり、痩せやすい体になります。

どんな成分入っていたら痩せられる?

ダイエット効果のある青汁の成分は大麦若葉、明日葉、桑の葉、ケールです。どの青汁もこれらのうちの複数が入っているはずです。ではそれぞれの成分がどのようにダイエット効果があるのかを考えてみましょう。

大麦若葉

青汁の成分は基本的に食物繊維が豊富ですが、その中でもとりわけ多いのがこの大麦若葉です。大麦若葉の成分の半分が食物繊維といわれているほどです。それで大麦若葉が含まれている青汁を飲むことによって便秘が解消され、ダイエット効果につながります。

明日葉

明日葉は様々な栄養がバランスよく含まれていますが、ダイエット効果として特に注目したいのはカルコンという成分です。カルコンは明日葉以外にはほとんどない、といわれる貴重な成分ですが、デトックス効果、また他の脂肪細胞に作用し、脂肪燃焼効果があります。

桑の葉

桑の葉は糖分分解酵素を阻害する作用があるのでダイエット効果のある野菜として注目が集まっています。これによりカロリーの摂取を抑える働きがあります。桑の葉はまたカリウムという成分も多く、デトックス効果によりむくみを防いでくれます。

ケール

野菜の王様といわれているケールは食物繊維がキャベツの2倍、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類がピーマンのおよそ3倍あります。これらの成分は代謝を促進し、デトックス効果を促し、痩せやすい体になります。

青汁ダイエットの方法

青汁で痩せるためにその成分のもつ効果を利用したいくつかの方法があります。その点を調べてみましょう。

青汁の選び方

青汁を選ぶときは最初に必ず成分表示を見ましょう。その成分の量によって成分表示の順番が決まっていますので成分表示の最初のほうに皆さんが必要だと思う成分があるかどうかをチェックしましょう。またダイエットは続けなければ意味がありません。長期にわたって青汁を飲み続けるような価格や飲みやすい青汁を選びましょう。

青汁の飲み方

青汁を飲んで痩せるためには飲むタイミングがあります。まず食事の前に青汁を飲むようにしてください。それによって食事の量を制限することができるからです。続いて夜寝る前にも青汁を飲むことをおすすめします。青汁の食物繊維の働きで翌朝お通じがすっきり出るからです。

ただし、夜寝る前にたくさん飲むと胃腸の働きが活発になり、眠れなくなってしまうことがあります。飲む量はコップ1杯かそれ以下にして下さい。

青汁で痩せるときのポイント

青汁の中に痩せる成分が入っているわけではありません。むしろ青汁は痩せるようにサポートしてくれます。青汁を飲むだけで痩せると期待しないようにしましょう。青汁を飲みながら、生活習慣の改善、バランスのとれた食事、適度な運動を意識しましょう。

これらによってより効果的に痩せることができるようになります。

おすすめの青汁

青汁に含まれている成分からおすすめしたい青汁をいくつか選んでみましたのでご紹介したいと思います。

すっきりフルーツ青汁

https://lp.myfabius.jp/aojiru_c_spt1?utm_expid=107050650-155.mLDGPiVsRUu0fDGkQiEvFA.1&utm_referrer=https%3A%2F%2Fsearch.yahoo.co.jp%2F

とにかく飲みやすいというのがこの青汁の特徴です。これはダイエットを続ける上でたいせつなことです。もちろん飲みやすいだけではなく明日葉を含む野菜、フルーツに加えて149種類以上の酵素と18,000,000個の乳酸菌が含まれています。ダイエットを内側から強力にサポートします。

上記のサイトで定期コースとして購入することができます。通常3,980円(税抜)のところが初回は送料無料で630円(税抜)、2回目は3,480円で購入することができます。効果がないと感じたら30日間は返金保証があります。

原材料名:還元麦芽糖水飴、デキストリン、クマザサ粉末、果汁パウダー、緑茶粉末、フィッシュコラーゲンペプチド、明日葉粉末、モリンガ粉末、蓮葉粉末、野草発酵エキス粉末(オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)、フルーツ・野菜抽出エキス、緑茶抽出物、有胞子性乳酸菌、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノキ種子)、パイナップル果実抽出物、乳糖/香料、甘味料(ネオテーム、スクラロース)、シクロデキストリン、(一部に乳成分・小麦、やまいも・りんご・オレンジ・バナナ・ゼラチンを含む)

内容量:90g(3g×30包)

値段:3,980円(税抜)

酵素青汁111

https://organic-label.jp/items/kousoaojirusesamin

青汁のもっているダイエット効果はもちろんですが、それに酵素が含まれています。酵素はもともと体内に備わっていますが、年齢と共に減少していき太りやすい体になるといわれています。それでとくに中年や高齢の方も若い時のような痩せやすい体に戻ってくれます。

また野菜の王様として栄養素が高い一方あまりおいしくないケールが多く含まれています。しかしサプリメントタイプなので飲む安く、またどこにでも持っていけますので飲み忘れを防ぐこともできます。

上記のサイトには定期便コースがあります。このコースに申し込むと通常3,300円のところが最高で2,376円まで割引されます。

原材料名:モリンガ末、ケール粉末、植物発酵エキス末(黒糖、葉菜類、果実類、根菜類、イモ類、野草類、キノコ類、海藻類など)、ゴマエキス末、スピルリナ、ボタンボウフウ末、日本山人参末、明日葉末、結晶セルロース、 ビタミンC、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅、ビタミンB1、葉酸 [原材料の一部にバナナ、大豆、ゴマを含む]

内容量:1袋60粒入り/1日2粒(目安)

値段:3,300円(税抜)

ゴッドハートダイエット青汁

http://ginzamarukan.jp/g_diet/index.html

この商品は大麦若葉が多く入っていますので食物繊維の働きが期待できます。食物繊維は、不溶性と水溶性の2種類に分かれ、それぞれ体への働きが違いますがこのゴッドハートダイエット青汁はその両方の性質を持つ食物繊維が入っています。

食事の前にこの青汁を飲むことによって満腹感を得られると同時に、余分な油やカロリーを胃や腸が吸収する前に包み込んで排出してくれます。上記のサイトで購入することができます。

原材料名:サイリウム、大麦若葉末、マルチトール、抹茶末、緑茶末、ウーロン茶エキス末、ケール末、クマ笹末、コラーゲンペプチド、キダチアロエ末、ワカメ末、ローヤルゼリー、V.C

内容量:465g (5g×93包)

価格:10,000円(税抜)

痩せるには青汁の成分だけに頼らない!

 

青汁には確かにやせる効果がある成分が含まれていることがわかりました。しかし青汁の効能には個人差があり、飲むだけでは痩せない場合もあります。商品の効能に過信しないようにしましょう。むしろ効果的に、そして健康的にやせるために青汁ダイエットに加えて規則正しい生活習慣を心がけるようにしてください。